AKRacing Pro-X レビュー|疲れにくい座り心地で長時間のPC作業にも最適なゲーミングチェア

ゲーミングチェア「akracing pro-x」

こんにちは、PCデスク周りにこだわるのが好きなましろ(@scmashiro)です。

僕はよく、パソコンでオンラインゲームをやったり、動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」などでアニメを楽しんだりしています。

ただ、ハマり過ぎてしまって、

ましろ

あれ、いつのまにか7時間ずっと座っていた…!?

という経験が何度もありました…

イスに長時間座っていると、体がすごく疲れてくるんですよね。

そこで気になってくるのが、長く座っていても疲れにくいと言われる「ゲーミングチェア」

この記事では、「AKRacing」のゲーミングチェア最上位モデル「Pro-X」をご提供いただいたので、実際に使ってみた感想を紹介していきます。

「質感」や「機能性」なども説明しているので、ゲーミングチェアを選ぶ参考にしてみてください。

ゲーミングチェア「AKRacing Pro-X」を見る

AKRacing Pro-Xの外観

ゲーミングチェア「AKRacing X-Pro」の開封から外観の様子を紹介します。

ましろ

どんなゲーミングチェアか見てみよう!

AKRacing Pro-Xを開封

ダンボールはとても大きくて重たいです。

そのため、2人で一緒に持ち上げるか、下に敷物をしいて引きずるように移動させて、PC部屋に運ぶことになるかもしれません。

ゲーミングチェア「AKRacing X-Pro」の内容はこちら。

パーツが少し多く見えるかもしれませんが、実際に組み立ててみると結構カンタンに作れました。

AKRacing Pro-Xの外観を見てみよう

AKRacing X-Pro」の特徴を説明する前に、外観についてサクッと見てみましょう。

ましろ

ゲーミングチェアは見た目がかっこいいよね~

前・斜め・横

座部

角度調整レバー

アームレスト

AKRacing Pro-Xの特徴

AKRacingのゲーミングチェア「Pro-X」の特徴はこちら。

  • 高級感のある質感
  • 腰と首を支えるサポーターが付属
  • 背もたれが180°まで倒れる
  • アームレストの位置調整ができる
  • 傷をつけにくい柔らか素材を採用したキャスター

それでは、これから具体的に説明します。

高級感のある質感

公式情報によると、素材にはPUレザー(フェイクレザー)を採用することで、見た目の美しさ・手入れのしやすさを両立しているそうです。

AKRacing X-Pro」は、写真のように高級感のある質感になっているため、見た目がよくて満足感があります。

x-pro サポーターの質感

座る部分のクッション性は、弾力のある柔らかさがあり、長時間のPCの作業でもお尻が痛くなりにくいです。

x-proの質感

腰と首を支えるサポーターが付属

AKRacing X-Pro」には、首を支える「ヘッドレスト」と腰への負担を軽減させる「ランバーサポート」が標準で付いています。

初めてサポーターを使ったこともあって、正直違和感はありましたね。

そこで、サポーターの高さを調整して、じぶんの体に合った位置へ動かしてみると、疲れない姿勢を維持できるようになりました。

はずして使うことも問題なくできるので、どうしても合わないと感じたら取り外してもOKです。

x-pro首・腰のサポーター

背もたれが180°まで倒せる

背もたれは、うしろに下げることで最大180°倒すことが可能です。また、じぶんの好きな角度で固定することもできます。

下の写真は、「AKRacing X-Pro」を一番うしろの倒したときの状態です。

背もたれ裏の形状で、写真上では180°に見えにくくなっていますが、しっかり倒れています。

背もたれを180°倒したx-pro

アームレストの位置調整ができる

AKRacing X-Pro」は、アームレストの位置をいろいろ調整することができます。

僕は、手前に移動させて、少しだけ外側に向きを変えてみました。

高さの調整:最大~最低

x-pro アームレストを高くしたとき
x-pro アームレストを低くしたとき

前後の移動:手前~奥

x-pro アームレストを手前にしたとき
アームレストを奥にしたとき

向きの調整:外側~内側

アームレストを外側に向ける
アームレストを内側に向けたとき

傷をつけにくい柔らか素材を採用したキャスター

キャスターの床に触れる部分にはポリウレタンが採用されており、やわらかい素材になっているため床を傷つけにくいです。

ゲーミングチェアを動かしてみても、ゴロゴロとした騒音はほとんどありませんでした。

pro-xのキャスター

AKRacing Pro-Xの組み立てかた

AKRacingのゲーミングチェア「Pro-X」は、じぶんで組み立てる必要があります。

ですが、難しい作業は一切なく説明書もあるので、どなたでも組み立てることは可能でしょう。

組み立て作業の流れはこちら。

  1. 「座部」と「背もたれ部」を固定
  2. 「座部」の下に各パーツを取り付け
  3. 「本体」と「キャスター部」を固定
  4. サポーターの取り付け

ましろ

30分くらいで作れたよ!

①「座部」と「背もたれ部」を固定する

「座部」の上に「背もたれ部」を載せます。

「座部」と「背もたれ部」のネジ穴を近づけて、付属している工具でネジを締めていきます。

「背もたれ部」を上からグッと押し込むことがポイントです。

むき出しになっている部分には、プラスチックカバーを取り付けます。

カバーなのでネジは軽く締めるだけでOKです。

②「座部」の下に各パーツを取り付ける

座部を横に倒して、これからパーツを取り付ける部分のネジを4つ外します。(写真は外した状態)

「シリンダー固定台」というパーツを、先ほどのネジで取り付けます。

そしたら、カバーを被せたガスシリンダーの細いほうを「座部」に差し込みます。

あんまり刺さった感じがしませんが問題ありません。

③「本体」と「キャスター部」を固定する

「五本足ベース」に「キャスター」を5つ取り付けていきます。

すべてのキャスターを取り付けると、このようになります。

あとは、先ほど組み立てた「本体」をキャスター部分の上に載せます。

これでほぼ完成です。

④サポーターを取り付ける

最後に、体の疲労を軽くするための「ヘッドレスト」「ランバーサポート」を取り付けます。

「ヘッドレスト」は固定パーツを使わず、ゴムベルトをそのまま被せてもOK

「背もたれ部」の後ろで固定します。

AKRacing Pro-Xの使用感

AKRacing X-Pro」の使用感を、「良かったところ」と「気になったところ」をあわせてレビューしてみました。

ましろ

ゲーミングチェアはいいぞおじさんになっちゃいそうだ…

AKRacing Pro-Xの良かったところ

AKRacing X-Pro」を実際に使ってみた感想としては、PC作業・ネトゲを長時間やっても疲れにくい座り心地だなと感じました。

僕はパソコンで文字を入力するとき、基本的に背筋を伸ばした姿勢で座っています。

そのため、背中にサポーターがあることで姿勢を維持しつつ疲労を軽減できて、作業効率が上がりました。

また、デザインがカッコよく高級感があるので、とても満足感がありますね。

友だちが来たときは「かっけー」って言われました(笑)

AKRacing Pro-Xの気になったところ

映画やアニメといった長時間の映像を見るときは、首と腰にあるサポーターは取り外したほうがいい気がしました。

サポーターがあると、背もたれ全体に背中を合わせられず、リラックスしにくいからです。

ただ、脱着は簡単にできるので、状況に合わせるといいと思います。

あとは、サイズが少し大きめに作られているように感じました。

身長168cmの自分が、座部を一番下まで下げて、ちょうど床にかかとがつくサイズ感です。

身長が150~160cm前半で、床に足がつかないと落ち着けないという人は、1度考えたほうがいいかもしれません。

レビューまとめ|ゲーミングチェア AKRacing Pro-X

AKRacing」のゲーミングチェア最上位モデルである「Pro-X」は、かっこいいデザインでありながら高級感があります。

また、アームレストの位置を調整できたり、背もたれを好みの角度で固定することができたりと、カスタマイズできるところも魅力的です。

ただし、サイズが少し大きめに作られているように感じました。

気になる方は、店頭で確認してみるといいかもしれません。

以上、「AKRacing Pro-X レビュー|疲れにくい座り心地で、長時間のPC作業にも最適なゲーミングチェア」のレビューでした。

ゲーミングチェア「AKRacing X-Pro」をチェックする