レシートを1枚10円で買い取るアプリ「ONE」の仕組みとは?実際に使ってみた感想と注意すべき点

こんにちは、レシートは全て受け取っている、ましろ(@scmashiro)です。

2018年6月12日より、ワンファイナンシャル株式会社から、レシートを1枚10円で買い取るアプリ「ONE」がリリースされました。

ツイッターでもトレンド入り、ヤフーニュースにも掲載されたりと、サービス初日にも関わらず大きくバズった今注目されているアプリです。

誰でも簡単に稼ぐことができるってところがミソですね!

この記事では、

  • 「ONE」で何ができるの?
  • どういう仕組みなのか
  • 使い方が知りたい!

といった、疑問や実際に使ってみた感想、注意すべき点などをまとめました。

レシート買い取りアプリ「ONE」ってなに?

レシート買い取りアプリ「ONE」は、レシートをスマホで撮影し、アプリに送るだけでお金を簡単に稼ぐことができるアプリです。

基本的に、どんなレシートでも1枚10円で買い取ってくれるので、誰でも簡単に稼ぐことが可能です。

1日に10枚まで買い取ってくれるため、1日で100円、もし1ヶ月続ければ3000円稼ぐことができますね。

コンビニへ昼飯を買いにいったときのレシート、スーパーで買い物をしたときのレシート、居酒屋で飲みに行ったときのレシート。

普段なに気なくもらって捨てちゃうレシートを、現金化することができる面白いアプリです。

どういう仕組みで買い取ってくれるの?

「ONE」の仕組み

なぜレシートを買い取ってくれるのかというと、レシートに記載された情報に価値があるからです。

レシートには、商品の種類や時間など様々な情報が含まれていて、「ONE」はその情報から一人ひとりの行動パターンを分析します。

その分析データをメーカーなどの企業に売ることで、その業績アップに役立てようという仕組みになっています。

レシートの情報をどうやって分析して企業に売れるデータにするのかが、「レシート買い取りアプリ」として続けていく上でのポイントとなってきますね。

行動パターンって?

例えば、クッキーを買いに行くとします。

クッキーって美味しいんですけど、水分が吸収されて口の中がパサパサになるんですよね。だから、クッキーを買うときは、一緒に飲み物も買いたくなっちゃいます。

これがまさに1人の行動パターンといえます。

飲み物メーカーであれば、このデータからクッキーに合いそうな飲み物を開発することで、飲み物がもっと売ろうと考えるのです。

あくまでもこれは一例です。

購入する時間や時期、年齢によっても、購入する商品の種類や行動パターンは変わってきますよね。このように、情報を分析して金銭感覚消費傾向を読み取ります。

作ったのは、高校生プログラマー

「ONE」は、17歳の現役高校生でワンファイナンシャルCEOの山内奏人氏(@5otoyam)が開発に手がけたそうです。

高校生にして数々の賞と経歴をもち、CEOにもなっているなんて…

山内さんは小学生の時に独学でプログラミングを始め、国際的なプログラミングコンテストやビジネスコンテストで数々の受賞経験を持つ。中学生時代から5つのベンチャーに参画し、15歳でワンファイナンシャルの前身となるフィンテックの会社を設立。2017年秋には投資ファンドから1億円を調達し、注目を集めた。

引用:レシート1枚10円で買うアプリ、天才高校生プログラマーが小売市場に挑む

これからどのようなことに挑戦していくのか、注目したいですね。

実際に使ってみた

「ONE」は、iOSのみ対応アプリであるため、僕がいつも使っているAndroidのスマホでは使うことができません。

そのため今回は、iPadを使ってレシートを買い取ってもらいました。

iPadでも問題なく動作しました。

レシートを買い取ってもらう

最初に、ONEを起動したらSMSの認証がありました。

アプリ内に電話番号を入力したスマホに4桁の番号が送られてくるので、その番号をアプリに入力していきます。

ひとまず準備はこれで終わりです。

近くに撮影したいレシートを持ってきます。

 

撮影画面になっているので、レシートを撮影してみましょう。

この写真ではレシートが曲がっていたので、しっかり伸ばしたあとに撮影しました。

曲がっていても撮影はできますが、一応伸ばしておきました。

書類を撮影するアプリでは、自動で撮影されるものもありますが、ONEでは手動でシャッタボタンを押すタイプでした。

 

撮影が終わると、査定結果が表示されました。

1枚10円で買い取ってくれるので、「10円」と表示されていますね。

そうしたら、「お金と交換する」のボタンを押して換金しましょう。

 

ここには買い取ったレシートの一覧が表示されます。

今1枚買い取ってもらったので、このような画面が表示されました。

出金するためには、本人確認が必要!

溜まったお金を自分の銀行口座に振り込むためには、本人確認が必要になります。

画面下メニューの一番右にある「アカウント管理」から設定できます。

 

本人確認として使える情報は、こちらの6点から選ぶようです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバー
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

不正してもダメ!

写真を撮影するときは、とくに画像解析が行われているわけではないようです。

そのため、レシート以外のものを撮影しても、画面上では10円に交換できると思われます。

おそらく、後からOCRなどで写真から文字を読み取りデータ化するのだと考えられます。

もし、適当に撮影したり同じレシートを撮影したりして悪用すると、アカウントを利用停止させられるはずです。

普通に考えて、そんなことができたらサービスが成り立たないのは分かると思います…

注意すべき点

追記(2018年6月18日):

アップデートによって、本人確認書類の提出は廃止されたようです。

そのため、免許証や保険証を見せる必要ありません。

このアプリで問題になってくるのは、個人情報の取扱いです。

レシートの情報には、

  • 店・店舗の名前
  • 購入した時間
  • 商品の種類
  • 店員の名前 etc…

など様々な情報が記載されています。

この情報をたくさん集めていくことで、1人の行動パターンやその他いろいろな情報が特定されますよね。

そのデータが信頼できないところに周って、悪用されるのではないかという不安の声もあがっているようです。

本人確認で免許証や保険証の情報とセットなので、なおさら怖く感じますね。

 

ただ、僕たちの知らないところでは、さまざまな個人情報を集めて分析するシステムが使われています。

 

このように、個人情報は様々なところで利用されています。

そのため、個人的にはそこまで神経質にならないくていいとは思います。

 

使ってみるのも使わないのも自由です。

自分の情報を売る行為でもあるので、一度よく考えてみるといいかもしれませんね。

やってみたいと思った人は、アプリ利用してみたらいかがでしょうか。

くわしい情報まとめ

利用価格無料
対応OSiOSのみ
レシート1枚10円
1日の枚数制限10枚まで
レシート内容なんでもOK
換金手数料200円
換金できる最低額300円から
換金方法口座振り込み
出金先国内の金融機関

まとめ

使いみちが無さそうなレシートでも、お金にするという考えが面白いですね。

新しいサービスが登場するごとに、ビジネスには色んな方法があるんだなと驚かされます。

以上、レシートを1枚10円で買い取るアプリ「ONE」の仕組みとは?実際に使ってみた感想と注意すべき点でした。

現在、サービスを停止しているようです。

リリース当初と内容が変わっているため、詳しく分かりましたら追記していきます。

最新の情報はこちらからチェック。

「ONE」をApp Storeで開く

関連記事:

話題のアプリ「Kyash」とリアルカードってなに?還元率3%~も可能に!メリット・デメリット・お得な使い方まとめ クレジットカード代金の引き落とし日当日に入金しても大丈夫?何時まで?