話題のアプリKyashとリアルカードのお得な使い方|還元率3%~も可能に!メリット・デメリットまとめ

こんにちは、キャッシュレスな生活を送りはじめた、ましろ(@scmashiro)です。

2018年6月7日、個人間送金アプリ「Kyash(キャッシュ)」から、リアルカード(Visaカード)の発行申し込みが開始されました。

発表されてから、ツイッターでもトレンドに掲載されるほど話題になりました。現状では、最強のカードとも言えるポテンシャルをもっています!

そんな話題の個人間送金アプリ「Kyash(キャッシュ)」ですが、この記事では

  • Kyash(キャッシュ)ってなに?
  • kyashリアルカードで還元率が3%以上だって!?
  • デメリットが知りたい
などの疑問やメリット・デメリット、Kyash(アプリ、リアルカード)のお得な使い方を説明しています。

【追記】ビックカメラでPayPay決済するとき、Kyashを通すと最低31%も還元できるように!

実店舗で使えるKyashリアルカードが登場!

kyashリアルカードの公式サイト(出典:Kyash公式サイト)

Kyash」とは、個人間で送金や請求ができるウォレットアプリです。買い物や友達への送金、割り勘が簡単におこなえます。

今までは、アプリ内で発行できる「バーチャルカード」のみでしたが、今回から実際に手元に届く「リアルカード(Kyash Visaカード)」が発行できるようになりました。

「バーチャルカード」では、送金・集金したり、オンラインVisa加盟店での支払い(通販など)のみ。

実店舗で使うためには、KyashからモバイルSuicaにチャージして使うという方法しかありませんでした。

そのため、リアルカード(kyash Visaカード)の登場したことで、コンビニや飲食店といった全国のVisa加盟店での決済にも使えるようになりました。

VISAリアルカードは審査不要!学生・フリーターも作れる

Kyash Visaカードは、チャージして使えるプリペイド式のVisaカードです。クレジットカードではありません。

そのため、年齢制限なく本人確認不要で作ることができます。

まだクレジットカードを持っていない「学生」や「フリーター」の方でも作れるところはポイントですね。

ちなみに、手数料・年会費も無料です。

リアルカードの申し込みは、この4点(5点)のみなので早ければ1分で登録することができますよ!

  • 氏名
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • Kyash ID(まだアプリを使っていなければ不要)

Kyashが話題の理由は、2%キャッシュバック!

kyash公式サイトのキャッシュバックキャンペーンの画面
(出典:Kyash公式サイト)

リアルカードを使う最大のメリットは、新たに開始した「2%キャッシュバック」です。

LINE Payカードの還元率は2%だったので、クレジットカードのチャージを使うことで、ポイントの2重・3重取りが可能でした。

しかし、2018年5月31日をもって、LINE Payカードは還元率2%のサービスを終了。

これによって、2018年6月7日からKyashの高還元率2%であるリアルカードが注目されるようになりました。

実際にキャッシュバックを受け取ってみた

キャッシュバックを受け取ったkyashアプリの画面

僕は普段からkyashリアルカードを使うようにしています。

「キャッシュバックはいつされるの?」気になるかと思いますが、翌月にきちんとキャッシュバックが届きました!

利用履歴やキャッシュバック履歴は、アプリから簡単にチェックできるのでホント便利ですね。

ポイントの2重・3重取りをする方法とは?

クレジットカードからKyash Visaカードにチャージして、Kyash Visaカードで決済することでポイントの2重取りが可能です。

ここでは、筆者が思いついたパターンを紹介します。

2重取りをする方法

クレジットカード経由

クレジットカード(1%) → Kyash Visaカード(2%) → 決済

合計3%

デビットカード経由

デビットカード(0.2~0.5%) → Kyash Visaカード(2%) → 決済

合計2.2~2.5%

3重取りをする方法

クレジットカード&モバイルSuica経由

クレジットカード(1%) → Kyash Visaカード(2%) → モバイルSuica(0.5~1%) → Apple Pay → 決済

合計3.5~4%

注意
  Kyashから直接Apple Payでの利用はできません。

クレジットカード&バーコード決済経由

クレジットカード(1%) → Kyash Visaカード(2%) → バーコード決済系(0.5%) → 決済

合計3.5%

バーコード決済
  d払い、楽天ペイ、Origami Pay、Pay IDなど。キャンペーンで更に還元できる場合あり。

【追記】ビックカメラ+PayPay+Kyash経由が一番オトクです!

12月4日、ビックカメラで決済サービス「PayPay」が利用できるようになりました。

これに伴い、ビックカメラは20%相当を還元するキャンペーンを開始しました。また、別にビックポイント8%が還元されます。

PayPayでKyashを登録できるので、ビックカメラ+PayPay+Kyashを経由すれば「最低でも31%還元できる」のでかなりお得ですよ!

ビックカメラ&PayPay&Kyash経由

  1. クレジットカード(1%)
  2. Kyash Visaカード(2%)
  3. PayPay(20% or 100%)
  4. ビックポイント(8%)
還元率は31%または100%になります。ただ、Kyashの利用限度額には注意してください。

購入する予定の商品があれば、この機会に購入するといいでしょう。

キャンペーン詳細ページはこちら

モバイルSuicaへチャージも還元(2%キャッシュバック)される

Kyash Visaカードから、モバイルSuicaにチャージしても2%キャッシュバックは適応されます。

ただし、条件として6000円以上の決済でキャッシュバックされます。

間違って6000円未満で購入しないように注意が必要ですね。

Kyashはクレジットカードから自動チャージできる

クレジットカードを登録した自動チャージの設定画面

Kyash内の残金が足りなくなったら、自動でクレジットカードからチャージされます。

そのため、クレジットカードと紐づけていれば、クレジットカードと同じようにつかえます。

注意点は、クレジットカードは自動チャージでしか使えないということです。

そのため「1000円分チャージしたい」ということが残念ながらできません。

ただガソリンスタンドや公共料金等の支払いには使えません。詳しくは、デメリットの中で説明しています。

Kyashは銀行口座からチャージできる

本来であればPay-easy(ペイジー)を利用しないといけません。しかし手続きがめんどくさいんですよね。

Kyashでは、デビットカードでもチャージすることができるので、間接的に銀行口座から引き出すことができます。

クレジットカードが使いたくないって方は、この方法が使いやすいかも?

【追記】セブン銀行ATMから現金のチャージができるようになりました!

セブンイレブンの中にあるセブン銀行ATMから現金のチャージができるようになりました。

これによって、クレジットカードを使いたくない人でもキャッシュレスが可能になりました。

コンビニの中でもセブンイレブンの店舗数は多いので、使い勝手はとてもいいですね。



KyashはQUICPayで支払いができる(Google Pay対応)

Kyashは、夏以降にGoogle Payへ対応する予定だそうです。

2018年10月9日より、Google Payに対応を開始しました!

これによって、QUICPayを通して実店舗でも使えるようになります。

kyashのGoogle Pay対応について

KyashはApple Payでは使えない

現時点では、Apple Payには対応していません。

Apple Payについての情報も調べてみましたが、今のところありませんでした。

Apple Payに対応次第、追記する予定です。

Kyashは家計簿アプリとも連携できる

アプリ「マネーフォワード」と連携可能

家計簿アプリ・ソフト「マネーフォワード」と連携することができます。

ポイントをきっちり貯めている方は、家計簿アプリを使っている人も多いのではないでしょうか。

マネーフォワードと連携できるのは嬉しいですね。

家計簿マネーフォワード

家計簿マネーフォワード

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

アプリ「Zaim」と連携可能

追記:6月14日からZaimにも対応

家計簿アプリ「Zaim」にも対応しています。

家計簿サービス「Zaim」もKyashとの連携を開始しました。

金融機関との提携はマネーフォワードのほうが多いですが、アプリの使いやすさ・見やすさではZaimに軍配が上がりますね。

Kyashアプリのできること


(出典:Kyash公式サイト)

Fintech(フィンテック)企業なので、個人間送金がすごく便利です。

fintech(フィンテック)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、金融ITとも呼ばれていますね。

アプリを使うことで、いろんなことを簡単に管理することができます。

無料でかんたん送金・集金

アプリを使って手数料無料で送金や集金をすることができます。

Kyashのメイン機能ですね。

リアルタイムで決済通知・履歴が見れる

 

Kyashで支払うと、スマホに支払い情報が通知されます。

アプリを開くことで、すぐにすべての支払履歴を見ることも可能です。

アプリでカードをロックできる

リアルカードを落としてしまっても、アプリからロックを掛けることができます。

もしものことがあっても安心ですね。

Kyashリアルカードのデメリット

では、Kyashリアルカードのデメリットについて解説します。

  • 利用限度額が低い
  • 残高の出金はできない
  • チャージで使えるブランドは2種類
  • 一部の支払いでは使えない
  • 50円未満の支払いはキャッシュバックされない
  • リアルカードは海外で使用不可

利用限度が低い!

  • 一日(一回)あたりの購入限度額は3万円以下5万円以下
  • 一ヶ月間での決済利用上限は12万円まで
  • カードの有効期限は5年、期間内の利用上限は100万円まで(更新で使用可)
購入限度額に制限があるので、メインカードとしては使いにくいかもしれません。

ただ、2%キャッシュバックできるので使っていきたいところです。

9月18日より、1日(1回)あたりの限度額が3万円から5万円に増えました。

残高の出金はできない

Kyashの入金元にクレジットカードを使っているので、銀行口座から引き出すことは「与信の現金化」にあたります。

これは法律違反になるので、出金することはできないようです。

ただ、いろいろな所で決済できるので、良しとしておきます。

チャージで使えるカードブランドは2種類

Kyashリアルカードにチャージできるクレジット(デビット)カードは2種類。

  • Visa
  • Mastercard
JCB、American Expressなどのカードは今のところ使えません。

一部の支払いでは使えない

一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い

  • 毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
  • 公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

ほかには…

  • ガソリンスタンドでのお支払い
  • 高速道路通行料金でのお支払い
  • 航空会社の機内販売でのお支払い
  • 一部ホテルでのお支払い
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
  • nanacoクレジットチャージ楽天EdyVプリカ などへのチャージ

50円未満の支払いはキャッシュバックされない

キャッシュバックは、当月分の支払金額ではなく、取引ごとに発生します。

1円未満は切り捨てとなるので、50円未満の支払いではキャシュバックされません。

リアルカードは海外で使用不可

リアルカードが使えるのは、日本国内のVisa加盟店のみとなっています。

そのため、海外では残念ながら利用することはできません。


Kyashを発行する際の注意点

新しいカード番号に変更される

以前からKyashでバーチャルカードを利用している場合、リアルカードを発行するとカード番号が変わるようです。

いままで決済に使っていた番号は使えなくなるので、通販などのサイトで登録しているのであれば、新しいカード番号に変更する必要があります。

発行は1人1枚

発行できるのは、1人につき1枚です。

複数枚のカードを利用することはできません。

まとめ|Kyash・リアルカードのお得な使い方

Kyashの特徴と使い方についてご紹介してみました。

Kyashのようなサービスを利用する人が増えて、キャッシュレス化がもっと進んでほしいですね。

>>Kyash公式サイト

キャッシュレスに移行すると、お金の動きを明確にできるというメリットがあります。

僕は、そのメリットを最大限に活かすために「Kyash」と「家計簿アプリ」を組み合わせて使っています。

家計簿アプリ「マネーフォワード」を使うと、クレジットカードや銀行、年金といった様々な支払い管理を自動で記録してくれるからです。

キャッシュレスに移行するなら、「Kyash」「家計簿アプリ」の併用がおすすめします。

\ 家計簿アプリはこちら /

家計簿マネーフォワード ME

家計簿マネーフォワード ME

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

関連記事:

レシートを1枚10円で買い取るアプリ「ONE」の仕組みとは?実際に使ってみた感想と注意すべき点