ましろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましろぐ

楽しい、面白いことを皆さんにも伝えたい

ましろぐ

ちょっと気になる?画像で分かるLINEモバイルを契約する手順・方法

スマホ

こんにちは、ましろです。

最近登場したMVNO(格安SIM)のLINEモバイルがちょくちょく気になっていたんですよね。

月額500円からのプラン、特定アプリのデータ消費ゼロプラン、通信速度が速くて安定してるなど、いろいろ面白そうじゃないですかっ!

そんなとき、もう1枚SIMが欲しくなっていた僕。

そこで2枚目のSIMとしてLINEモバイルと契約することにしました。

LINEモバイルの契約手順がどんなものなのか気になっている方のために、そのときの契約手順・方法を簡単に紹介します。

LINEモバイル

 

今のプラン

皆さんスマホ代はどのくらいかかっていますでしょうか?

僕はDMMmobileの家族3人で10GBを山分けするプランに入っています。

通話SIM2枚とデータSIM1枚のシェアコースで、月3590円です。

3枚あるので3人で使っているという感じですね。

1人あたり約1200円で3.3GB。

スマホ代はそれなりに節約できてるのかなと思っています。

まあこれは自宅にWi-Fiがあるのが前提です。

Wi-Fiがあれば3GBで十分じゃないですかね?

 

スマホの2台持ちを考えている

最近スマホを2台持ちしようと考えています。

メインのスマホと、おサイフケータイ用のスマホ。

外を出歩くとき荷物はあまり持ち歩きたくない派なんで、なるべく持ち物は減らしたいと思っていました。

そこでかさばる財布を薄いスマホに。

ポケットに入るし何より支払いが楽なんですよ。サッとだしてサクッとかざすだけっ!

2台持ちなのはおサイフケータイに対応したスマホがXperiaくらいで良いものがないためです。

Xperia高い(泣)

あと単純にサブ機として機能します。メイン機を忘れたときや充電切れたときとかにあると安心できます。

 

新規のSIMを契約したい

そこで新たにSIMを契約する必要がありますね。

最優先はなるべく安く済ませること。

そのため500円~くらい?を目安に探すことしました。

安いプランがあるものだと0 SIMやDMMmobileがありますが、最近登場したLINEモバイルにも500円のプランがありました。

結構LINEモバイルは評判が良く、面白いプランがあるので契約してみることに決めました。

 

LINEモバイルのプラン

プランは全然複雑じゃないので安心をしてください。

楽勝です(>ω<)

3種類のプランとオプションの追加で料金が変わります。

 

LINEフリープラン

月額500円で、LINEアプリの通話・トークデータ消費がゼロ。

料金 → 月額500円~ データ容量 → 1GB

 

コミュニケーションフリープラン

LINE、Twitter、Facebook、Instagramはデータ消費ゼロ。

料金 → 月額1110円~ データ容量 → 3GB、5GB、7GB、10GB

 

MUSIC+プラン

LINE MUSICに加えLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費ゼロ。

料金 → 月額1810円~ データ容量 → 3GB、5GB、7GB、10GB

 

それにSMS、音声通話、端末保証などのオプションを加えるのであれば、その追加分の料金が発生します。

詳しくは公式HPをどうぞ。

SIMフリースマホ プラン一覧 - LINEモバイル

 

Amazonでエントリーパックを購入

本来であれば登録事務手数料に3000円とられますが、これを購入することで無料になります。

なのでこのコード代金まで安く抑えることができました!

種類があるのでご注意を。

 

契約の流れ

最初はパソコンから契約をおこなっていたんですが、途中の本人確認で写真を添付しなくては行けなかったため、そこからスマホでの操作に切り替えました。

もちろんパソコンだけでも、スマホからだけでも契約は可能ですよ。

パソコン画面

入力が楽なパソコンからおこなうことにしました。

f:id:mashirotan:20170228024626p:plain お申込みには、本人確認証明、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号(乗り換えのみ)が必要になります。

ただ実際はクレジットカードがなくてもいいんですよ。詳しくは後ほど。

f:id:mashirotan:20170228025039p:plain 今回はAmazonで購入したエントリーパックのコードを使うので、下の「コードを使用して申し込み」を選択し、コードを入力します。

f:id:mashirotan:20170228025239p:plain 申し込み内容選択になります。端末も購入したい場合は左ですが、今回は右の「SIMカードのみ」を選びます。

f:id:mashirotan:20170228025416p:plain ここからはプランの選択です。僕はLINEフリー、1GB、テータ+SMSを順に選択していきました。

f:id:mashirotan:20170228025639p:plain SIMサイズは名のSIM(小)をオススメします。300円ほどで買える変換アダプタをつければ大きくできるからです。

大きいSIMだと、もし小さいSIMが必要なときに、SIMを発行し直すか自分でカットすることになります。

メインスマホのSIMは専用のSIMカッターを使って切りましたが、そこから調整のためハサミを使ったりしてヒヤヒヤしながら切ってました(笑)

f:id:mashirotan:20170228030225p:plain 登録事務手数料と毎月の料金とは別に、初期費用として400円取られるみたいです。しらなかった…。

f:id:mashirotan:20170228030412p:plain 名前や住所などの個人情報を入力していきます。

f:id:mashirotan:20170228030542p:plain 利用者の設定と、契約内容の確認方法を選びます。

f:id:mashirotan:20170228030650p:plain 規約をしっかりと読んで、問題がなければチェックを入れて進みます。

その後はメールアドレスを入力へと進みます。

 

スマホ画面

ここからはスマホで操作することにしました。理由は写真を撮る必要があったからです。

ちなみにここから先は途中でブラウザやPCで←→スマホに変えることはできません。

変えた場合、メールぼ再送信ボタンが表示され、再度そのURLから開くよう促されました。

f:id:mashirotan:20170228030820p:plain:w300
本人確認書類の提出が必須たど表示されます。

f:id:mashirotan:20170228031916p:plain:w300

f:id:mashirotan:20170228031925p:plain:w300
本人確認書類として認められるのは、ここに表示されているものとなるようです。

f:id:mashirotan:20170228032010p:plain:w300
僕は運転免許があるのでそれを送ることにしました。これは運転免許証の場合の注意書きです。

f:id:mashirotan:20170228032120p:plain:w300
次は支払い方法を選択します。

f:id:mashirotan:20170228032149p:plain:w300
クレジットカードが無い場合はLINEPayで支払うことができるんですよ!これは銀行口座、コンビニ、ATMから入金することができます。

もちろんLINEPayカードでもOK

クレジットカードがなくても申し込み可能! LINE Payカードでポイントも貯めよう。 : LINE MOBILE 公式ブログ

自分はクレジットカードがあるので上を選択しました。

f:id:mashirotan:20170228032613p:plain:w300
クレジットカードの情報を入力していきます。

f:id:mashirotan:20170228032657p:plain:w300
完了したら次へ進みましょう。

f:id:mashirotan:20170228033202p:plain:w300
最終確認が表示されるので、間違いがないか確認します。

f:id:mashirotan:20170228033257p:plain:w300
これで申し込みは完了です!

 

SIMカードの到着

申し込みの数日後に発送メールが送られ、そのまた数日後に自宅にSIMカードが到着しました。

f:id:mashirotan:20170228035351j:plain 文字がくそかっこいいんですけどw

f:id:mashirotan:20170228035432j:plain 入っていたのは、SIMカードと簡単な説明書。

f:id:mashirotan:20170228035506j:plain まずはSIMカードから。

f:id:mashirotan:20170228035555j:plain こんな感じ。docomoとか書いてなくて、真っ白なんですね。

f:id:mashirotan:20170228035621j:plain マニュアルってやつ。

f:id:mashirotan:20170228035837j:plain アカウント連携や年齢認証に関する説明が書いてありました。

 

まとめ

LINEの年齢確認ができるのはMVNOでID検索したい人にとっては注目どころじゃないでしょうか?

お昼の時間帯は混み合いますが、DMMmobileよりLINEモバイルの方が速いですね。

フリープランは、容量を使い切ってもLINEなどの読み込みは普通に行われるということなのでかなりうれしい。

LINEモバイルは色々と面白いところがあるので興味を持った方は調べてみてください^^

LINEモバイル

ノートPC・タブレットPCの容量不足も解消!SDカードを仮想HDDとして使う方法【VHD】

PC関連とソフトウェア

こんにちは、ましろです。

以前レビューしたノートパソコン「ASUS VivoBook E200HA-8350」は、圧倒的な安さと軽さが魅力で大変満足できるものでした。

しかし、このノートパソコンの欠点である内部ストレージの少なさが一番の問題でしたね。

低価格のノートPCでやタブレットPCに多くありがちなんです…。

容量不足によって、Windowsのアップデートに失敗なんてことも。

そこで、SDカードを使って保存領域を増やし、なるべく内部ストレージの容量が減らないようにしていきます。

通常のSDカードやUSBメモリは、動画や写真を保存することはできますが、PCのソフトをインストールすることは出来ません。

「VHD」という仮想ディスク化することで、SDカードをHDDのように扱える設定を行います。

この設定をしたあとは、

・ドキュメント、デスクトップなどの保存先をSDカードに変更
・ソフトのインストール先として使う
・DropboxやOneDriveの同期先として設定

をすることでより便利になります!

 

SDカードの用意

SDカードをHDDのように使うため、基本的にはずっと挿しっぱなしです。

そのため、なるべく容量の大きなSDカードを用意したほうがいいでしょう。

動画や写真を沢山保存する予定であれば128GBくらいあったほうがいいかもしれません。

サブPCとしてつかっているので、64GBのMicroSDを購入。

僕の場合32GBで十分なんですが、もしものことを考えると精神衛生上よくないので64GBにしました(´・ω・`)

 

仮想ディスク(VHD)の作成手順

VHDの作成には数時間かかるため、外出前や寝る前におこなうことをおすすめします。

 

①SDカードをフォーマットする

何もしていない場合は「FAT32」や「exFAT」になっていると思いますが、ここを「NTFS」に変更します。

これは、仮想ディスク作成時にエラーが出る場合があるので忘れずにやっておきましょう。

フォーマット時のスクショを撮ってなかったので別のPCから撮影したものになります。

 

1.「エクスプローラ」でSDカードカードを表示。

2.SDカード(Dドライブ)を右クリックして、「フォーマット」を開く。 f:id:mashirotan:20170220135302p:plain

3.フォーマットシステムを「NTFS」に変更して、「開始」をクリック。その他の設定はそのままでOKです。 f:id:mashirotan:20170220135448p:plain

 

②ドライブ文字の変更

VHD作成したときのドライブ名を「D」にしたい場合はこの作業を行います。「C」「D」以外でもよければこの手順は飛ばしてOKです。

 

1.左下の窓アイコンを右クリックして、「コントロールパネル」を開く。 f:id:mashirotan:20170220134846p:plain

2.「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」を開く。 f:id:mashirotan:20170220140024p:plain

3.「管理ツール」にある「ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」を開く。 f:id:mashirotan:20170220140307p:plain

4.ドライブレターを右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」から他のアルファベットに変更する。

僕は分かりやすいように「M」と設定しました。

 

③VHDの作成

このVHD作成が一番時間がかかってしまいます。そのため時間があるときにやったほうがいいと思います。

 

1.左下の窓アイコンを右クリックして、「ディスクの管理」を開く。

2.上のほうに「操作」というメニューがあるので、そこから「VHDの作成」を開く。 f:id:mashirotan:20170224185508p:plain

3.VHDを作成するための情報を入力していきます。 f:id:mashirotan:20170224185515p:plain

「場所」はSDカードを選択して、分かりやすいように「vhd」というファイル名で保存。このときのファイル名は「vhd」でなくてもOKです。

「仮想ハードディスクのサイズ」では、SDカードより少し小さい値を入力します。

目安としては-0.5GBくらいがいいらしいです。

問題があるときはVHD作成時にエラーが出るので、そのときはもう少し値を下げて再度やってみましょう。

「仮想ハードディスクのフォーマット」は「VHD」を選択。

「仮想ハードディスクの種類」は「容量固定」を選択。

4.すべての設定が終わったら「OK」をクリック。

一番下に進捗状況が表示されるので完了するまで待ちます。 f:id:mashirotan:20170224194405p:plain

一番下に進捗状況が表示されるので完了するまで待ちます。

5.未割り当てのディスクが作成されていれば成功です。 f:id:mashirotan:20170224194416p:plain

6.左側の「ディスク 不明」を右クリックして「ディスクの初期化」を開く。

7.「GPT」を選択したら「OK」をクリック。

そうすると「ディスクベーシック」と表示されるようになります。

 

④シンプルボリュームの作成

1.「未割り当て」を右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を開く。 f:id:mashirotan:20170224195439p:plain

2.進んでいくとボリュームサイズの選択が表示されますが、そのままでOK f:id:mashirotan:20170224195609p:plain

3.「Dドライブ」に設定したいので、「次のドライブ文字を割り当てる」からアルファベットの「D」を選択し次へ進む。 f:id:mashirotan:20170224200958p:plain

4.あとはそのままの設定で次へ進み、この画面がでたら完了。 f:id:mashirotan:20170224201152p:plain

 

⑤PC起動時に自動でマウントさせる

VHDは、PCを再起動すると解除されてしまいます。

解除されると仮想ディスクが開けなくなってしまうので、自動で接続する設定をおこないます。

 

1.「コントロールパネル」からから「システムとセキュリティ」を開く。 f:id:mashirotan:20170220140024p:plain

2.「管理ツール」にある「タスクのスケジュール」を開く。 f:id:mashirotan:20170220140307p:plain

3.「タイムスケジューラ」が開いたら、右側にある「タスクの作成」をクリック。 f:id:mashirotan:20170224210630p:plain

4.名前と説明を分かりやすいように入力します。 f:id:mashirotan:20170224211429p:plain

「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」を選択し、「最上位の特権で実行する」をチェック。

5.「トリガー」タブの「新規」から、新しいトリガーの設定をおこなう。

「タスクの開始」は「スタートアップ時」に選択して「OK」をクリック。 f:id:mashirotan:20170224212141p:plain

6.「操作」タブの「新規」から、実行する操作の設定をおこなう。

まず操作を「プログラムの開始」を選択。

「プログラム/スクリプト」には、

C:\Windows\System32\cmd.exe

「引数の追加」には、

/c “(echo SELECT VDISK FILE="M:\vhd.vhd” && echo ATTACH VDISK) | diskpart"

↑ M:\vhd.vhdにVHDファイルを保存した場合(この記事通りに設定した場合はそのままコピペでOKです) f:id:mashirotan:20170224213751p:plain

7.「条件」タブの電源にある「コンピューターをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する」のチェックをはずす。 f:id:mashirotan:20170224214023p:plain

8.このように表示されていれば完了です。お疲れ様でした。 f:id:mashirotan:20170224214102p:plain

 

ベンチマーク

Crystal DiskMark5.2.1を使ってベンチマークのスコアを計測しました。

ASUS VivoBook E200HA-8350 eMMC 32GB(内部ストレージ)

f:id:mashirotan:20170224220624p:plain

Samsung microSDXCカード 64GB EVO+ Class10 UHS-I対応

f:id:mashirotan:20170224220805p:plain

 

使いやすいように各種設定を変更する

あとはHDDとと同じようにSDカードを使うことができるので、便利に使えるように設定します。

 

ダウンロード、デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージックの保存先をDドライブ上に作ったフォルダに変更。

このとき新規フォルダを作らないと、面倒くさいことなるので注意してください^^;

 

DropboxやOneDriveの保存先をDドライブドライブ上に作ったフォルダに変更。

普通はSDカードを保存先に設定できませんが、仮想HDDとして化することで保存先にすることが可能になります。

 

Dドライブ上に「Program Files (x86)」や「Program Files」などのフォルダを作り、シフトをインストールするときはここに保存。

あとはなるべくデータはDドライブ(SDカード)上に保存するようにするといいでしょう。

 

まとめ

少し手順は長いですが、これを1回するだけで容量が少ないノートPCやタブレットPCがこれまでより快適に使えるようになるのでやって損はないと思います。

もし起動中にSDカードを外してしまった場合は、設定から再マウントするか、わからないのであれば再起動することで自動マウントされます。

よかったら参考にしてみてください\(^o^)/

 

 

圧倒的な安さと軽さが魅力!おしゃれで持ち運びにも便利なノートPC「ASUS VivoBook E200HA-8350」購入レビュー

商品レビュー PC関連とソフトウェア

f:id:mashirotan:20170212104233j:plain こんにちは、ましろです。

普段はデスクトップPCを使って、ネットサーフィンしたりブログを書いたりしています。

ただデスクトップPCがゆえ、固定された場所でしかネットができないんですよね。

「場所」には、それぞれその場の雰囲気ってものがあると思うんです。

自分の部屋だと気を使うこともなく気楽な気分でいられ、カフェにいけばまったりとした心地いい気分で過ごせます。

ブログを書き初めて半年以上がたち、「場所」の大切さを改めて感じて、いつでもどこでもブログが書けるようにノートPCの購入を決意しました!

探す条件として、

・安い
・持ち運びやすい
・デザイン性

の3点で考えました。

ということで、僕が購入した「ASUS VivoBook E200HA-8350」の良かった・気になったところを踏まえてレビューしていきます!

 

ASUS VivoBook E200HA-8350って?

台湾のASUS(エイスース)社が2016年9月に発売した「ASUS VivoBook」シリーズの11.6型モデルです。

f:id:mashirotan:20170211225903p:plain

ASUSは、パソコンの部品を中心に製造販売しているメーカーで、僕がいつも使っているデスクトップPC(自作PC)のマザーボードでもお世話になっています。

また、この低価格帯ノートPCでは常連のメーカーでもあり、よく目にする方も多いのではないでしょうか。

 

旧モデルであるE200HAは、この価格帯としてはコストパフォーマンスに優れている人気のノートパソコンでした。

↓旧型モデル↓

 

旧モデルからパワーアップ!

そんな旧モデルE200HAですが、唯一の欠点はメモリが2GBしかないということでした。

メモリが少ないと、ブラウザでいくつもタブを開いたりソフトを複数起動したときに動作が遅くなり、結構ストレスになったりします。

しかし、今回購入したE200HA-8350は旧モデルの2GBから4GBに増量され、これまでの2倍ものメモリを使用できるようになりました。

そのため価格は少し上がりますが、薄い・軽い・デザイン・メモリ4GBということを考えると大変コスパのいい商品だと思います。

↓新型モデル↓

 

スペック

CPU Atom x5-Z8350 1.44GHz
OS Windows 10 Home 64bit
メモリ 4GB
解像度 11.6型 1,366×768
ストレージ eMMC 32GB
カードリーダー MicroSD
カメラ 30万画素Webカメラ
サイズ 幅286 mm×奥行き193.3 mm×高さ17.5 mm
質量 約0.98 kg
駆動時間 約9.5時間

 

開封するよ

 

外箱

それでは早速開封していきましょう。

f:id:mashirotan:20170212104446j:plain ダンボールに包まれてくるのかと思いきや、このまま送られてきたのでちょっとびっくり。

f:id:mashirotan:20170212104504j:plain うおぉぉぉぉ!!!きたきたきた~!!

この箱を開ける瞬間、たまりませんな。

箱を開けてみるとこんな感じで入っていました。

 

本体と付属品

f:id:mashirotan:20170212104518j:plain 中に入っているのは、ノートPC本体、ACアダプター、MicroSD(32GB)、取扱説明書、保証書、KINGSOFT Officeのシリアルコードです。

KINGSOFT Officeのシリアルコードが入っていたのは嬉しいですね。

ネットに繋いで紙に書いてあるURLにシリアルコードを入力すれば、Microsoft Officeでいうワード、エクセル、パワーポイントがダウンロードできます。

f:id:mashirotan:20170212104530j:plain ACアダプターの接続端子は、独自の規格のものになっています。

 

デザインがおしゃれ!

ゴールド、ダークブルー、ホワイトの3色ありますが、僕はゴールドを選びました。

f:id:mashirotan:20170212104549j:plain ぱっと見、MacBookっぽい雰囲気を感じませんか?(笑)

ブラックとゴールドの色合いが、オシャレさをかもしだしています。

3万円台という価格でこのデザインはグッと心に響きますね!

ただベゼル(縁)が太いところが残念ですな~。最近のPCはベゼルが狭くなってきているので、もうちょっと頑張ってほしかったです。

といっても、デザインでカバーできてるからOKだよねっ!

f:id:mashirotan:20170212104602j:plain ゴールドというよりは、ちょっとラメが入ったピンクゴールドって感じでした。

天板はプラスチックですが、傍から見ると金属っぽくも見えるので高級感があっていいですね。

f:id:mashirotan:20170212104645j:plain キーボードはこのように配置されています。

キーピッチは狭くなく、配列も自然でちょうどいいです。

キーストロークは通常のノートパソコンよりも深めで、クリック感が小さい?です。

最初はちょっとだけ違和感を感じるかもしれません。

ただ深いほうがタイプミスが少なくなるのでいいのではないでしょうか?

僕はデスクトップPCで、メカニカルキーボードの黒軸という固くてクリック感の少ないものを使っているので気になりませんでしたけどね。

f:id:mashirotan:20170212104658j:plain タッチパッドはやや大きめで使いやすいです。

僕はノートPCでマウスはあまり使わないつもりだったのでよかったです。

マウスを使わず、このマウスパッドだけでスクロールや拡大縮小ができるのでなかなか便利ですよ。

f:id:mashirotan:20170212104712j:plain ノートパソコン右側の接続端子です。画像の右側が曲がる部分になります。

USB2.0とイヤホンジャックの2つと、シンプルですね。

f:id:mashirotan:20170212104756j:plain ノートパソコン左側の接続端子です。画像の左側が曲がる部分になります。

順番に、充電ソケット、MicroSDスロット、USB3.0があります。

USBが2つしかありません。あと1つあったら良かったなとは思いますが、まあ最低2つはあるので大丈夫ですね。

足りなく感じたらマウスをBluetooth接続しちゃお。

f:id:mashirotan:20170212104827j:plain スピーカーは裏面にありました。四隅には滑り止めがあります。

 

外観

 

右側

f:id:mashirotan:20170212104839j:plain

 

左側

f:id:mashirotan:20170212104852j:plain

 

正面

f:id:mashirotan:20170212104905j:plain

 

使ってみて感じたこと

 

動作はOK!

数年前のノートPCが自宅にあるんですが、CPUが同じAtomでも今の性能は格段に上がっていることを身にしみて感じました。

ブラウザでタブを開いたり2.3個ソフトを開いたりしても動作が重くなることもなく、キビキビとした動きで大変満足です。

ネットサーフィンやブログを書いたりする上ではまったく動作に問題はないと思います。

ブログに使う写真を取り込み、表示、アイキャッチ作成などの簡単な画像編集などは普通にできます。

この低価格帯でメモリを4BG積んでるだけはありますね!

あくまでもサブ機として使えるかどうかなので、それ以上のことはメイン機でやりましょう。

僕はブログをMarkdown方式で書いているんですが、はてなブログの場合はリアルタイムプレビューといって2画面同時に表示する機能があります。

f:id:mashirotan:20170212095923p:plain (これはデスクトップPCでの編集画面です…)

このとき、なぜか文字入力すると1文字ごとに一瞬入力が遅れます。そのためこの2画面同時で表示する機能は使えないかなと思いました。

といっても僕はこの機能は全く使わないので問題ありませんが(´・ω・`)

 

本体がスリム

f:id:mashirotan:20170212104946j:plain ノートPC本体と漫画本(頭文字D 13巻)との厚みを比較してみました。

写真のように、漫画本と同じくらいノートPCが薄いことが分かります。

近くに漫画本がある方は手にとって見てください。こんなに薄いんですよ!

余談ですが、頭文字Dはくそ面白いから絶対見るべし!

 

超軽い

f:id:mashirotan:20170212021843p:plain 本体は1kgを切るわずか約980gを実現しています。

ノートパソコンとしてはかなり軽い部類なんですよ。

500mlのペットボトル2本分より軽い!!(2本で約1kg)

実際に計りたかったのですが、はかりを持っていないので写真は撮れませんでした。ご勘弁を(._.)

この画像はあえて安心の低クオリティーに作りました。( ˙-˙ )真顔

 

ストレージが32GBと非常に少ない

eMMCのため、HDDの動作する騒音がなくていいですね。

しかし問題は容量。

パソコンって250GBとか500GBとかはあるイメージだったんですが、このノートパソコンは32GBとスマホ並の容量なんですよー!

だからこれだけだと絶対に容量が足りなくなります。

Windowsのアップデートが厄介!!!

f:id:mashirotan:20170212093504p:plain
これは、ソフト・写真や動画などのデータを少しだけしか入れてない状態でアップデートされたときの残りの容量です。残り1GB。

もしいろいろデータを入れていた場合、アップデートに失敗しちゃいます。

その為、32GBのMicroSDが付属しているので、こちらにデータを入れるようにし、アップデート後は、アップデートするためにダウンロードした数GBのデータを削除します。

通常MicroSDに写真や音楽などのデータは保存できますが、ソフトはインストールできません。

そこで、仮想ディスク化(VHD)してMicroSDをHDDのように使える方法をやってみました。

そのため、別途64GBのMicroSDを購入しました。

 

ジェスチャー機能は便利

f:id:mashirotan:20170212024533p:plain 最初の方にも書きましたが、マウス操作がマウスパッドのみで行える便利な機能が搭載されています。

これは本当に便利で感動したほどです。

さすがにMookBookのジェスチャー機能には負けますが、それでも便利ですよ。

ただ、1つちょっとだけ気になったところがあります。

タブを10個くらい開いてたときにジェスチャー機能を使うとワンテンポ遅れて動作するんですよね。

マウスで右側のスクロールバー?をドラッグして上下に動かすとスムーズに動きます。

ジェスチャー機能だけ重くなるんですかね?

 

ディスプレイについて

解像度は1,366×768で、発光はまずまずといったところなので期待しないでっ!

ディスプレイはグレア(光沢)なので反射します。僕はノングレア(非光沢)が好きなので、画面に貼るだけでノングレアにできる保護フィルムを購入しました。

f:id:mashirotan:20170212105040j:plain 今回購入したのはこれ。

 

貼る前

f:id:mashirotan:20170212105451j:plain

貼った後

f:id:mashirotan:20170212105559j:plain

 

まとめ

f:id:mashirotan:20170212104233j:plain このノートPCを使いたくなる要素をまとめると、

・外で使っても恥ずかしくないおしゃれなデザイン
・薄型軽量で持ち運びに便利
・なるべく安く購入したい
・ライトな使い方でちゃんと動くもの
・サブPCとして

を求めてる方にオススメです。

ただ、万人にオススメできるノートPCというわけではありませんね。

ストレージが少ないのでWindowsのアップデートが失敗するなんてことがあるため、パソコンがまったく詳しくない人だと使いにくく感じると思います。

まあ逆にこれはこれで面白いっ!

同価格帯でサクサクに動作するChromebookもありますが、Windowsで動かしたいソフトが有る場合もあるのでそういう点では安心感はありますね。

MacBookみたいにかっこよくて低価格なやつが欲しい…という方にはいいんじゃないでしょうか?(笑)

以上、「ASUS VivoBook E200HA-8350」の購入レビューでした。

購入の際には参考にしてみてくださいね^^

 

【悲報】いきなりGoogle AdSenseから非承認メールがきたんだけど…【追記:直りました】

ブログ運営

f:id:mashirotan:20170207213932j:plain

こんにちは、ましろです。

何が起こったかというと、Google AdSenseがどうにかなった!?って話です。

自分でも何が起こっているのか分からないので、現状を報告したいと思います。

※この記事を書いてから数時間後、現在深夜3時過ぎですが、ログインできるようになり広告も表示されるようになりました!

 

複数のアカウント

Googleアカウントで登録しているサービスがバラバラなので、はじめにどのアカウントで何を登録しているか説明します。

なんでバラバラに登録したのは自分でも分かりません…

アカウントA:Google AdSense

アカウントB:Search Console、Google Analytics

アカウントC:連絡メール確認用(お問合せやブログ関連のサービス登録時はこのメアドを使用します)

 

思い当たるアクション(時系列順)

①1年前に独自ドメインでWordPressでブログを作成し、アカウントA(アドセンス)でAdSenseの認証通過

認証メールはこなかったけど広告は表示されるようになったので多分認証されたんだろうと思っていました。

そして時は流れ…

 

②7月にはてなブログを開設し、2ヶ月後?独自ドメインを取得

はてなブログを開設後1.2ヶ月後ぐらいに独自ドメインを取得しました。正確にはちょっと覚えてませんが、そのくらいです。

 

③Google AdSenseのアカウントにURLを追加する

AdSenseの設定からURLを追加して、その後認証ステータスを確認しました。

なのでこの時点ではWordPressブログとはてなブログのURLは追加され、どちらも認証されたままの状態です。

 

⑤WordPressのブログを閉鎖

WordPressブログは、試しに作ったもので記事があまりなく、更新もせず、アクセスもありませんでした。そのため放置していたんですが、さすがにレンタルサーバー代がもったいないため解約。

WordPressブログの独自ドメインは生きていますが、ブログにはアクセスできません。

閉鎖はしましたが、AdSenseの認証したWordPressブログのURLはオフにせず、そのまま放置してました。

 

⑥GoogleAdSenseの収益が発生して、口座に入金されるようになる

最低収益額を上回るようになったので、ここ数ヶ月は入金されるようになりました。(12月はギリギリ上回らなかったけど)

 

⑦12月にアカウントB(サーチコンソール)に「ポリシー違反」のメールが届く

f:id:mashirotan:20170207201947p:plain

文中に広告が挿入されるスクリプトを入れていたんですが、初期に書いた記事には見出しを書いていなかったので、そこで広告が連続して表示されるような形に。

そのためスマホ表示が広告で埋め尽くされたようになっていました。

記事は少なかったので、手動で見出しを入れて、連続で表示されないようしました。

その後アドセンスのほうに報告したら確認されました。

あと、なぜかアカウントB(サーチコンソール)にメールが届きました。何か設定したのかもしれませんが覚えてません…

※追記

ログインできたので確認してみたらアカウント管理でアカウントBを追加していたみたいです。

 

⑧2日前(2月5日)にAdSenseから非承認メールが届く

f:id:mashirotan:20170207202007p:plain

WordPressブログのURLが審査不能というようなメールが届きました。

最近携帯が壊れたので、メールをチェックしておらず、2日前に届いていました。

そしてなぜかアカウントB(サーチコンソール)とアカウントC(連絡メール確認用)の両方にそのメールが届いていました。

やっぱなんか設定したんですかね…。意味不明…。

WordPressブログが審査不能なのは分かるんですけど、新しくURL追加したはてなブログもあるはず…

ブログを見ていただければわかりますが、広告が空白になっています。

 

⑨そしてさらに、AdSenseにログインしようとしたらURL入力画面に

f:id:mashirotan:20170207202957p:plain

この画面がでててき、ログインできません。

なんか新規登録っぽい画面…。

ひとまず、はてなブログのURL「http://www.mashilog.com」を入力ボックスに入力しますが、「このURLではAdSenseにお申し込みいただけません」と出てきて次へいけませんでした。

そこで、WordPressブログで使用していたURLを入力したら次へ進み、電話番号認証になり、認証すると、 f:id:mashirotan:20170207203859p:plain

WordPressブログのURLにコードを貼れという指示が。

その後…

f:id:mashirotan:20170207233242p:plain

またこのページに戻りました。

 

何が起こったのかわからない

つまりは審査に通過してたけど、審査できなかったから認証取り消しですってことですかね?

なんか納得がいきません(・_・)

最初に審査に通過すれば、認証に使ったブログを閉鎖しても大丈夫じゃなかったのか…?

 

似たようなことがないか調べた

4ヶ月後に非承認メールが届いたブログ

Google AdSenseの審査を通過してから4ヵ月後に突然「不十分なコンテンツ」として非承認メールが来た話 ①

Google AdSenseの審査を通過してから4ヵ月後に突然「不十分なコンテンツ」として非承認メールが来た話 ②

Google AdSenseの審査を通過してから4ヵ月後に突然「不十分なコンテンツ」として非承認メールが来た話【要点まとめ】

近い感じですが、僕のメールの方には不十分なコンテンツに関しては書かれていませんね。

ただこの記事によれば審査用のブログを作って審査通過したらまた利用できるようになったみたいです。

内部エラーかもしれないということか書かれていますが、詳しい原因はわからなかったようです。

ひとまず今できることとして、WordPressブログの独自ドメインを使って新しくブログを作っておいたほうが良いのかな?…

 

AdSenseヘルプフォーラムを見てみると

https://productforums.google.com/forum/?utm_medium=email&utm_source=footer#!topic/adsense-ja/V469oCmj3dw;context-place=forum/adsense-ja

最初のメールは全く同じですね。ただその後届いたという警告メールは僕の方にはきてないですね。

https://productforums.google.com/forum/?utm_medium=email&utm_source=footer#!topic/adsense-ja/jdtm-6Hwmm8;context-place=forum/adsense-ja

こちらは収益画面は見れるけど広告が表示されないって感じですね。

僕は収益自体表示できないので絶望的なのですが。

ただ、最近広告が表示されなくなる報告が多数上がっているようなので、もしかしたらこの件に僕のアカウントも巻き込まれてるとかあるのかな。

分かりませんけど…。

 

まとめ

貧乏大学生にとって貴重な収益があああ!!!!

先月最低収益額を満たさなかったので、今月2ヶ月分一気に入ってくるぞと楽しみにしていたのに凄く悲しい気持ちになりましたorz

これが内部エラーであってほしいと切に願います。。

※追記

やっぱり内部エラーだったのかな?ちゃんと広告が表示されてるしログインできるようになりました。

メールとかは一切なく、突然復活したようです。

ただ、あのメールが来てから広告が表示されるまでの期間の収益はゼロですね。

でもまあ復旧したみたいで良かったです(^O^)