記事内にプロモーションを含む場合があります

💳クレカなしでSkeb(スケブ)の支払いはできる?コンビニ払いは?

Skeb(スケブ)で絵師さんに依頼しようとしてつまずくのが決済方法ではないでしょうか?

そこで本記事では、

  • Skebの支払い方法
  • クレカなしで支払う
  • 決済手数料を無料にする

をくわしく解説します

参考にやってみてね!

フリーアイコンや拾った画像じゃなくて、自分だけのアイコンを作りませんか?(割引リンクあり↓)

個人でもイラスト依頼ができるサイトで作成したアイコン絵師さんにアイコン依頼する方法と、おすすめサイト2選【個人OK】料金の相場はどれくらい?納品までの流れは?

Skeb(スケブ)とは「短文でクリエイターに作品依頼ができるサービス」

Skeb(スケブ)の公式サイトのイラスト
引用:Skeb

Skeb(スケブ)はクリエイターへ短文で手軽に作品を有償依頼できるサービスです

通常、作品を依頼するときメールを使って、指示の内容や納期、報酬の相談など自分でする必要があり、個人が依頼するにはハードルが高いものです

Skebでは入力内容を省略化することでハードルを下げているので、気軽に依頼することができます

やり取りは「リクエストを送る」「納品する」の1往復のみ

作品の著作権はクリエイターにあり、依頼者は鑑賞やSNSアイコンなどの一部の用途で二次利用できます

Skebで依頼できる作品はこちら

  • イラスト、漫画
  • ボイス
  • 動画
  • 楽曲
  • 文章
  • アドバイス

Skeb(スケブ)の支払い方法は?

Skebの支払い方法
  • クレジットカード
  • プリペイドカード おすすめ!
  • Skebポイント(銀行振込・Pay-easy、コンビニ決済)

クレジットカード

Skebで利用できるクレジットカードは次のとおりです

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB※

※JCBカードは、クリエイターさん側の「本人情報入力」と運営による本人確認が完了していれば利用できます

American Express(アメックス)、Diners Clubには対応していません

プリペイドカード(Kyash)

プリペイドカードは、事前にチャージしておくことで使えるカードです

アプリでも作れます

プリペイドカードが作れるアプリはいくつかありますが、Skeb公式でも紹介されているKyashがおすすめです

Kyashのいいところ
  • 無料で使える
  • 年齢制限なし、学生OK
  • 手数料無料でSkebの決済ができる
  • コンビニ・銀行口座から支払いできる
  • Skeb公式ツイッターでも紹介されている

Kyashは、バーチャルなプリペイドカードを作れるアプリです

年齢制限なく、無料で誰でも作れます

決済手数料もかかりません

VISAのプリペイドカードなので、VISA加盟店であればカード払いとして使うことができます

使い方はかんたんで、このアプリでプリペイドカードを作り、コンビニや銀行口座で入金し、Skebの支払いに設定するだけ

KyashはSkeb公式ツイッターでも紹介されているやり方なので、安心してご利用できます

アプリのダウンロードはこちら↓

\ かんたん1分で完了 /

Kyash

Kyash

Kyash無料

Skebポイント(銀行振込・Pay-easy・コンビニ決済)

Skeb(スケブ)のSkeb Point(スケブポイント)の購入画面

Skebポイントは、Skebの決済方法の1つです

事前にSkebポイントを購入しておくことで、Skebの支払いに利用できます

Skebポイントの購入方法はこちら

  • 銀行振込
  • Pay-easy
  • コンビニ決済

注意したいのが、Skebポイントの購入には決済手数料がかかることです

Skebポイントの購入にかかる決済手数料決済手数料は次のとおりです

決済手数料
  • 銀行振込 → 150円
  • Pay-easy → 170円
  • コンビニ決済 → 220円

クレカなしでもSkeb(スケブ)の支払いをする方法

Skebはクレカがなくても「コンビニ決済」「銀行振込」「Pay-easy」で支払うことはできますが、この決済手段だと決済手数料がかかってしまいます…クレカは無料です

(あとSkebポイントを事前に購入するのも面倒っていう…)

そのため、クレジットカードを持っていない人は、プリペイドカードが作れるアプリ「Kyash」を使って支払うのがおすすめです

クレカの代わりとしてKyashを使うって感じですね

Kyashなら、コンビニで支払うことができて、手数料無料で絵をリクエストできます

Skebで支払うまでの流れ

支払うまでの流れ
  1. アプリをダウンロード
  2. コンビニ・銀行口座で入金
  3. Skebの支払いに設定

プリペイドカードを作り、コンビニや銀行口座で入金し、Skebの支払いに設定するだけ

アプリの登録は1分もかかりません

Kyashの登録方法

アプリのダウンロード

下のリンクからダウンロードします

Kyash

Kyash

Kyash無料

「メールアドレスで始める」をタップ

Apple ID、Google、Facebookのアカウントで始めると、メールアドレス等の入力を省略できます

氏名、メールアドレス、パスワード、ユーザー名を入力
電話番号、承認番号を入力
画面の指示通りに進めていく
届いたメールを開いて「メール認証」をタップ

お金のチャージは、セブンイレブンATM、その他のコンビニ、銀行口座などからできます

使い方はかんたんで、クレジットカード情報を入れるところに、プリペイドカード情報を入れて使います

Skeb(スケブ)の支払いについてよくある質問

Skebはコンビニ決済できるの?

Skebでは直接コンビニ決済する方法はありませんが、以下の方法であれば間接的に支払うことができます

  • Skebポイント:Skebポイントをコンビニ決済で購入する
  • プリペイドカード:プリペイドカードへコンビニからチャージする

Skebでクレカ以外の決済方法でも手数料無料にできる?

クレカ以外の決済方法として「Skebポイント」と「プリペイドカード」で支払う方法があります

Skebポイントの購入には決済手数料がかかりますが、プリペイドカード ↑で支払えば手数料無料でリクエストできます

まとめ

本記事では、クレカなしでSkebの支払いをする方法を解説しました

Skeb公式も推奨している「Kyash」を使えばコンビニ払いと手数料を無料にできるのでおすすめです

Kyashは年齢制限なく無料で利用できます

決済方法で悩んでいる方はぜひやってみてください

\ かんたん1分で完了 /

Kyash

Kyash

Kyash無料