Twitterのエゴサーチ結果をリアルタイムでアプリLINEに通知させよう【便利ツール】

こんばんは、ましろです。

エゴサーチとは、ネット上で自分のブログがどんな評価をされているか調べることで、僕もたまにチェックしています。

ただ、Twitterを開いて検索窓を開き、入力するというアクションを毎度行わなければいけないので少し大変です。

なので、今回はwebサービスとLINEで通知できる「LINE Notify」と「IFTTT」を使って、Twitterの検索結果が更新されたらリアルタイムで通知する設定を行ってみました。

この記事では、エゴサーチしたい「単語」や「ブログURL」などを登録して、アプリLINEに通知させる方法を紹介します。

まだIFTTTとLINEを導入・連携していない場合は、こちらの記事を参考にして設定してください。

LINE NotifyとIFTTTを連携してあらゆる情報をLINE通知で受け取ろう!

追記:「検索語句」でURLを設定された方は、ドメインを追記しないと通知されない場合がございます。詳しくは下の赤文字をご確認ください。

「IFTTT」で設定すること

まず通知用のLINEグループを作って、アカウント「LINE Notify」をグループに追加してください。

自分で1から作ることもできますがめんどくさいと思うのでレシピを公開しました。

参考 Twitterのエゴサーチ結果をLINEに通知するIFTTT

通知したいグループを「Recipient」から選び、「Add」をクリックすることで設定が追加されます。

そしたらこのレシピの編集画面に移り、

「Search for」の部分を書き換えましょう。

「検索語句」のところにエゴサーチしたいワードを入力してください。

ブログなら、「ブログタイトル」とかで良いと思います。

 

タイトルだと関係ないツイートまで検索されちゃうのであれば、URLで設定してみましょう。

 

僕の場合は、ブログURL(http://sc.hateblo.jp)の一部「sc.hateblo」と入力してみました。

 

※「sc.hateblo」では検索できないようになっていましたので、最後の部分「jp」を付け加えた「sc.hateblo.jp」まで入力しないと検索されない場合がございます。

 

(あくまでも僕のサイトの場合の設定なので各自ご確認ください)

 

サイトやブログのURLにハイフン(-)が含まれている場合は、プラス(+)に変え必要があるかもしれません。

アカウントIDのところに自分のTwitterIDを入力します。

「-from:@アカウントID」は、そのアカウントIDのツイートを除く設定です。

自分のIDを入力することで自分以外のツイートだけを通知することができます。

Twitterのエゴサーチ結果をリアルタイムでLINEに通知させてみる

f:id:mashirotan:20160930191722j:plain

実際はこのような感じでLINEが来ます笑

ブログへのコメントありがとうございます!

自分でレシピを作るなら

IFTTTの使い方を覚えるために自分で設定したい場合はこちらの情報を参考にどうぞ。

  • トリガーチャンネル:Twitter
  • トリガー:New tweet from search
  • Search for:検索語句 -from:@アカウントID
  • アクションチャンネル:LINE
  • アクション:Send message

お好みで。

レシピ
<br>
アカウント名:{{UserName}}<br>
内容:<br>
{{Text}}<br>
***************************<br>
{{CreatedAt}}<br>
{{LinkToTweet}}

まとめ

ほぼリアルタイムで通知してくれるので、自分の記事にツイートしてくれたとき、いいねやリツイートなすぐにアクションできるので凄く便利だなと思いました。

気になった方は是非やってみてください!