読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ましろぐ

楽しい、面白いことを皆さんにも伝えたい

ましろぐ

ちょっと気になる?画像で分かるLINEモバイルを契約する手順・方法

f:id:mashirotan:20170228035555j:plain

こんにちは、ましろです。

最近登場したMVNO(格安SIM)のLINEモバイルがちょくちょく気になっていたんですよね。

月額500円からのプラン、特定アプリのデータ消費ゼロプラン、通信速度が速くて安定してるなど、いろいろ面白そうじゃないですかっ!

そんなとき、もう1枚SIMが欲しくなっていた僕。

そこで2枚目のSIMとしてLINEモバイルと契約することにしました。

LINEモバイルの契約手順がどんなものなのか気になっている方のために、そのときの契約手順・方法を簡単に紹介します。

ちなみに、アフィじゃないっすよ^^

LINEモバイル

 

今のプラン

皆さんスマホ代はどのくらいかかっていますでしょうか?

僕はDMMmobileの家族3人で10GBを山分けするプランに入っています。

通話SIM2枚とデータSIM1枚のシェアコースで、月3590円です。

3枚あるので3人で使っているという感じですね。

1人あたり約1200円で3.3GB。

スマホ代はそれなりに節約できてるのかなと思っています。

まあこれは自宅にWi-Fiがあるのが前提です。

Wi-Fiがあれば3GBで十分じゃないですかね?

 

スマホの2台持ちを考えている

最近スマホを2台持ちしようと考えています。

メインのスマホと、おサイフケータイ用のスマホ。

外を出歩くとき荷物はあまり持ち歩きたくない派なんで、なるべく持ち物は減らしたいと思っていました。

そこでかさばる財布を薄いスマホに。

ポケットに入るし何より支払いが楽なんですよ。サッとだしてサクッとかざすだけっ!

2台持ちなのはおサイフケータイに対応したスマホがXperiaくらいで良いものがないためです。

Xperia高い(泣)

あと単純にサブ機として機能します。メイン機を忘れたときや充電切れたときとかにあると安心できます。

 

新規のSIMを契約したい

そこで新たにSIMを契約する必要がありますね。

最優先はなるべく安く済ませること。

そのため500円~くらい?を目安に探すことしました。

安いプランがあるものだと0 SIMやDMMmobileがありますが、最近登場したLINEモバイルにも500円のプランがありました。

結構LINEモバイルは評判が良く、面白いプランがあるので契約してみることに決めました。

 

LINEモバイルのプラン

プランは全然複雑じゃないので安心をしてください。

楽勝です(>ω<)

3種類のプランとオプションの追加で料金が変わります。

 

LINEフリープラン

月額500円で、LINEアプリの通話・トークデータ消費がゼロ。

料金 → 月額500円~ データ容量 → 1GB

 

コミュニケーションフリープラン

LINE、Twitter、Facebook、Instagramはデータ消費ゼロ。

料金 → 月額1110円~ データ容量 → 3GB、5GB、7GB、10GB

 

MUSIC+プラン

LINE MUSICに加えLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費ゼロ。

料金 → 月額1810円~ データ容量 → 3GB、5GB、7GB、10GB

 

それにSMS、音声通話、端末保証などのオプションを加えるのであれば、その追加分の料金が発生します。

詳しくは公式HPをどうぞ。

SIMフリースマホ プラン一覧 - LINEモバイル

 

Amazonでエントリーパックを購入

本来であれば登録事務手数料に3000円とられますが、これを購入することで無料になります。

なのでこのコード代金まで安く抑えることができました!

種類があるのでご注意を。

 

契約の流れ

最初はパソコンから契約をおこなっていたんですが、途中の本人確認で写真を添付しなくては行けなかったため、そこからスマホでの操作に切り替えました。

もちろんパソコンだけでも、スマホからだけでも契約は可能ですよ。

パソコン画面

入力が楽なパソコンからおこなうことにしました。

f:id:mashirotan:20170228024626p:plain お申込みには、本人確認証明、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号(乗り換えのみ)が必要になります。

ただ実際はクレジットカードがなくてもいいんですよ。詳しくは後ほど。

f:id:mashirotan:20170228025039p:plain 今回はAmazonで購入したエントリーパックのコードを使うので、下の「コードを使用して申し込み」を選択し、コードを入力します。

f:id:mashirotan:20170228025239p:plain 申し込み内容選択になります。端末も購入したい場合は左ですが、今回は右の「SIMカードのみ」を選びます。

f:id:mashirotan:20170228025416p:plain ここからはプランの選択です。僕はLINEフリー、1GB、テータ+SMSを順に選択していきました。

f:id:mashirotan:20170228025639p:plain SIMサイズは名のSIM(小)をオススメします。300円ほどで買える変換アダプタをつければ大きくできるからです。

大きいSIMだと、もし小さいSIMが必要なときに、SIMを発行し直すか自分でカットすることになります。

メインスマホのSIMは専用のSIMカッターを使って切りましたが、そこから調整のためハサミを使ったりしてヒヤヒヤしながら切ってました(笑)

f:id:mashirotan:20170228030225p:plain 登録事務手数料と毎月の料金とは別に、初期費用として400円取られるみたいです。しらなかった…。

f:id:mashirotan:20170228030412p:plain 名前や住所などの個人情報を入力していきます。

f:id:mashirotan:20170228030542p:plain 利用者の設定と、契約内容の確認方法を選びます。

f:id:mashirotan:20170228030650p:plain 規約をしっかりと読んで、問題がなければチェックを入れて進みます。

その後はメールアドレスを入力へと進みます。

 

スマホ画面

ここからはスマホで操作することにしました。理由は写真を撮る必要があったからです。

ちなみにここから先は途中でブラウザやPCで←→スマホに変えることはできません。

変えた場合、メールぼ再送信ボタンが表示され、再度そのURLから開くよう促されました。

f:id:mashirotan:20170228030820p:plain:w300
本人確認書類の提出が必須たど表示されます。

f:id:mashirotan:20170228031916p:plain:w300

f:id:mashirotan:20170228031925p:plain:w300
本人確認書類として認められるのは、ここに表示されているものとなるようです。

f:id:mashirotan:20170228032010p:plain:w300
僕は運転免許があるのでそれを送ることにしました。これは運転免許証の場合の注意書きです。

f:id:mashirotan:20170228032120p:plain:w300
次は支払い方法を選択します。

f:id:mashirotan:20170228032149p:plain:w300
クレジットカードが無い場合はLINEPayで支払うことができるんですよ!これは銀行口座、コンビニ、ATMから入金することができます。

もちろんLINEPayカードでもOK

クレジットカードがなくても申し込み可能! LINE Payカードでポイントも貯めよう。 : LINE MOBILE 公式ブログ

自分はクレジットカードがあるので上を選択しました。

f:id:mashirotan:20170228032613p:plain:w300
クレジットカードの情報を入力していきます。

f:id:mashirotan:20170228032657p:plain:w300
完了したら次へ進みましょう。

f:id:mashirotan:20170228033202p:plain:w300
最終確認が表示されるので、間違いがないか確認します。

f:id:mashirotan:20170228033257p:plain:w300
これで申し込みは完了です!

 

SIMカードの到着

申し込みの数日後に発送メールが送られ、そのまた数日後に自宅にSIMカードが到着しました。

f:id:mashirotan:20170228035351j:plain 文字がくそかっこいいんですけどw

f:id:mashirotan:20170228035432j:plain 入っていたのは、SIMカードと簡単な説明書。

f:id:mashirotan:20170228035506j:plain まずはSIMカードから。

f:id:mashirotan:20170228035555j:plain こんな感じ。docomoとか書いてなくて、真っ白なんですね。

f:id:mashirotan:20170228035621j:plain マニュアルってやつ。

f:id:mashirotan:20170228035837j:plain アカウント連携や年齢認証に関する説明が書いてありました。

 

まとめ

LINEの年齢確認ができるのはMVNOでID検索したい人にとっては注目どころじゃないでしょうか?

お昼の時間帯は混み合いますが、DMMmobileよりLINEモバイルの方が速いですね。

フリープランは、容量を使い切ってもLINEなどの読み込みは普通に行われるということなのでかなりうれしい。

LINEモバイルは色々と面白いところがあるので興味を持った方は調べてみてください^^

LINEモバイル